» 焼過ぎ

「焼過ぎ〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

焼過ぎの前後の文節・文章を表示しています。該当する1件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
塩原多助一代記」より 著者:三遊亭円朝
、持っていきな、負けてやるよ、あゝ無闇に手を出してはいけない、さ、まけてやるから焼過ぎて堅くなったのを持って往きな」 母「有難うぞんじます」 と云いながら大福....

「焼過ぎ」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
焼過ぎて:1回
前1文字
ら焼過ぎ:1回