焼香[語句情報] » 焼香

「焼香〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

焼香の前後の文節・文章を表示しています。該当する15件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
玄鶴山房」より 著者:芥川竜之介
夫婦に悔みを述べた上、白い綸子《りんず》に蔽《おお》われた彼の柩《ひつぎ》の前に焼香した。が、門を出る時には大抵彼のことを忘れていた。尤《もっと》も彼の故|朋輩....
葬儀記」より 著者:芥川竜之介
と香のにおいとが、むせっぽくいっしょになっている。僕たちは、安倍さんのあとで、お焼香《しょうこう》をした。すると、また、涙が出た。 外へ出ると、ふてくされた日....
放浪」より 著者:織田作之助
でいる妹のおみよがかけつけると、一瞬正気になり、間もなく康太郎は息をひきとった。焼香順のことでおみよ叔母は継母のおそでと口喧嘩した。それでは何ぼ何でも文吉や順平....
半七捕物帳」より 著者:岡本綺堂
いたいのでございますが……」 「いや、それは御丁寧に恐れ入ります。一同かならず御焼香《ごしょうこう》に罷《まか》り出でます」と、長八は答えた。 これで正式の挨....
半七捕物帳」より 著者:岡本綺堂
と名乗って来た男の厚意をよろこんで、早速に内へ招じ入れた。半七は奥へ通って仏壇に焼香して、ふたたび元の縁さきへ戻って来ると、女房は茶や煙草盆の用意をしていた。彼....
半七捕物帳」より 著者:岡本綺堂
とがあるらしいとの事であった。 「あの男も見送りに行くのかえ」 「いや、ここで御焼香だけして帰ると云うていました」 云ううちにかの男は出て来た。彼はあたりの人....
吉原新話」より 著者:泉鏡花
民弥は寛ぎもしないで、端然としながら、 「昨日は、お葬式が後れてね、すっかり焼香の済んだのが、六時ちっと廻った時分。後で挨拶をしたり、……茶屋へ引揚げて施主....
白蛇の死」より 著者:海野十三
しまった。というのは、恋女房の棺の横に坐って始終腕組みをしていた吉蔵親分が、つと焼香に立った喜多公を見て、悲痛な言葉を浴びせたに始まる。 「喜多公、よく覚えて置....
雛妓」より 著者:岡本かの子
分たちが何十年か聖人と渾名して敬愛していた旧家の長老のために、家先に香炉を備えて焼香した。多摩川に沿って近頃三業組合まで発達した東京近郊のF――町は見物人の中に....
超人間X号」より 著者:海野十三
銀紙製《ぎんがみせい》の蓮《はす》の造花を照らしていた。線香立《せんこうたて》や焼香台《しょうこうだい》もあった。 火辻軍平のなきがらのはいった棺桶は、この前....
明治劇談 ランプの下にて」より 著者:岡本綺堂
た。 五万円問題とは別であるが、明治三十四年の三月、歌舞伎座で「太閤記」大徳寺焼香場を出した。団十郎の秀吉、菊五郎の柴田勝家が呼びもので、これも日々の大入りで....
欧米各国 政教日記」より 著者:井上円了
、二滴を棺の上に振り掛けしむ。あたかもわが国の各宗にて香台を出だし、送葬者をして焼香せしむるに異ならず。 パリにて往来の人、街上にて棺車を見るときは、みな帽を....
空中征服」より 著者:賀川豊彦
言うているぜ」 読経の続く間、梅田と松島は一々芸者の品評をやっていた。それでも焼香が始まると梅田は市会を代表して、焼香に出た。 葬儀の後、市会のタマニーはま....
父の葬式」より 著者:葛西善蔵
、弟の細君の実家、私の妻の実家、これだけへ来る十八日正二時弘前市の菩提寺で簡単な焼香式を営む旨を書き送った。 十七日午後一時上野発の本線廻りの急行で、私と弟だ....
放浪」より 著者:織田作之助
いでいる妹のおみよがかけつけると一瞬正気になり、間もなく康太郎は息をひきとった。焼香順のことでおみよ叔母は継母のおそでと口喧嘩した。それでは何ぼ何でも文吉や順平....

「焼香」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
焼香し...:3回
焼香順...:2回
焼香に...:2回
焼香せ...:1回
焼香式...:1回
焼香が...:1回
焼香場...:1回
焼香の...:1回
焼香を...:1回
焼香だ...:1回
焼香台...:1回
前1文字
て焼香:2回
に焼香:2回
御焼香:2回
。焼香:2回
な焼香:1回
も焼香:1回
寺焼香:1回
と焼香:1回
お焼香:1回
り焼香:1回
や焼香:1回