熱い[語句情報] » 熱い

「熱い〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

熱いの前後の文節・文章を表示しています。該当する15件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
偸盗」より 著者:芥川竜之介
くう》を切って、ややともすれば、足場を失わせようとする。犬は、そのすきに乗じて、熱い息を吐きながら、いよいよ休みなく肉薄した。もうこうなっては、ただ、窮余の一策....
戯作三昧」より 著者:芥川竜之介
み》をさぐり当てると、やっとそこへ皺《しわ》だらけな体を浸した。 湯加減は少し熱いくらいである。彼はその熱い湯が爪の先にしみこむのを感じながら、長い呼吸《いき....
」より 著者:芥川竜之介
。 湯は寺の湯屋で、毎日沸かしている。そこで弟子の僧は、指も入れられないような熱い湯を、すぐに提《ひさげ》に入れて、湯屋から汲んで来た。しかしじかにこの提へ鼻....
報恩記」より 著者:芥川竜之介
しの顔にも、やはり微笑が浮んで参りました。しかし微笑が浮ぶと同時に、眼には自然と熱い涙も、にじみ出して来たのでございます。 「お父《とう》さん、勘忍《かんにん》....
袈裟と盛遠」より 著者:芥川竜之介
すすり上げて泣いている間に、あの人の口髭《くちひげ》が私の耳にさわったと思うと、熱い息と一しょに低い声で、「渡《わたる》を殺そうではないか。」と云う語《ことば》....
素戔嗚尊」より 著者:芥川竜之介
娘に」と云う言葉が、何故か素戔嗚の舌を硬《こわ》ばらせた。彼は相手の蒼ざめた顔に熱い息を吹きかけながら、もう一度|唸《うな》るような声を出した。 「嘘をつけ。」....
海のほとり」より 著者:芥川竜之介
えた少年だった。ちょうど十日ばかり以前のある午後、僕等は海から上《あが》った体を熱い砂の上へ投げ出していた。そこへ彼も潮《しお》に濡れたなり、すたすた板子《いた....
或る女」より 著者:有島武郎
者にかえって行った。葉子はふと右の肩に暖かみを覚えるように思った。そこには若者の熱い涙が浸《し》み込んでいるのだ。葉子は夢遊病者のような目つきをして、やや頭を後....
或る女」より 著者:有島武郎
子は何もかも忘れてただうれしかった。そのまっ黒によごれた手をいきなり引っつかんで熱い口びるでかみしめて労《いたわ》ってやりたいほどだった。しかし思いのままに寄り....
火事とポチ」より 著者:有島武郎
くらすことになった。御飯は三度三度|官舎《かんしゃ》の人たちが作って来てくれた。熱いにぎり飯《めし》はうまかった。ごまのふってあるのや、中から梅干《うめぼ》しの....
生まれいずる悩み」より 著者:有島武郎
と君はなんとも言えない骨肉の愛着にきびしく捕えられてしまった。君の目には不覚にも熱い涙が浮かんで来た。君の父上はそれを見た。 「あなたが助かってよござんした」 ....
親子」より 著者:有島武郎
胸の底に沈むのを覚えた。不思議な感激――それは血のつながりからのみ来ると思わしい熱い、しかし同時に淋しい感激が彼の眼に涙をしぼり出そうとした。 厠に立った父の....
惜みなく愛は奪う」より 著者:有島武郎
己に対するこの哀憐の情を失うに忍びない。孤独な者は自分の掌を見つめることにすら、熱い涙をさそわれるのではないか。 思えばそれは嶮しい道でもある。私の主体とは私....
霊界通信 小桜姫物語」より 著者:浅野和三郎
姫のお心持ちはどんなであったろう……。』祠前に額いて昔を偲ぶ時に、私の両眼からは熱い涙がとめどなく流れ落ちるのでした。 ところがいつか竜宮界を訪れた時に、この....
スリーピー・ホローの伝説」より 著者:アーヴィングワシントン
ょうどそのとき、その黒馬が彼のすぐうしろで息をはずませているのが聞えた。彼はその熱い息を感じたと思ったほどだ。彼がぎくりとして、また脇腹を蹴とばしたとき、老いぼ....

「熱い」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
熱い涙...:5回
熱い息...:4回
熱いに...:1回
熱い、...:1回
熱い口...:1回
熱い砂...:1回
熱い湯...:1回
熱いく...:1回
前1文字
、熱い:3回
の熱い:2回
。熱い:1回
も熱い:1回
は熱い:1回
い熱い:1回
で熱い:1回
を熱い:1回
し熱い:1回
な熱い:1回
と熱い:1回
に熱い:1回