熱を吹く[語句情報] » 熱を吹く

「熱を吹く〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

熱を吹くの前後の文節・文章を表示しています。該当する7件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
根岸お行の松 因果塚の由来」より 著者:三遊亭円朝
くれる伯父の親切を察しては、それでも私は斯うしたいの彼《あゝ》したいのと、勝手な熱を吹くことは出来ませんから、お若も是非がない、義理にせめられて、 若「何うか....
坊っちゃん」より 著者:夏目漱石
うしょう》な精神的娯楽を求めなくってはいけない……」 だまって聞いてると勝手な熱を吹く。沖《おき》へ行って肥料《こやし》を釣ったり、ゴルキが露西亜《ロシア》の....
食魔」より 著者:岡本かの子
ると蛍雪は家が汚れるといって嫌な顔をした。 「ちっとばかりの宛がい扶持で、勝手な熱を吹く。いずれ一泡吹かしてやらなきゃ」 それかといって、急にさしたる工夫もな....
火のついた踵」より 著者:宮本百合子
から。 みさ子 ――(意味を解しかねて谷の顔を見る) 谷 僕が、あなたに勝手な熱を吹くと思って、お冠を曲げたのですよ。然し……あの男の思うほど、僕は「不良」じ....
兄貴のような心持」より 著者:芥川竜之介
ない。唯、この弟たるべき自分が、時々向うの好意にもたれかゝって、あるまじき勝手な熱を吹く事もあるが、それさえ自分に云わせると、兄貴らしい気がすればこそである。 ....
天狗外伝 斬られの仙太」より 著者:三好十郎
いことは言わぬ、このまま引取って以後かかることをせぬよう。 徒一 言わして置けば熱を吹くか! そう言う貴様こそ、誰だ、それ聞こう? 今井 (大喝)黙れっ! ……....
斬られの仙太」より 著者:三好十郎
いことはいわぬ、このまま引取って以後かかることをせぬよう。 徒一 いわして置けば熱を吹くか! そういう貴様こそ、誰だ、それ聞こう? 今井 (大喝)黙れっ! ……....

「熱を吹く」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
熱を吹くか:2回
熱を吹く。:2回
熱を吹く事:1回
熱を吹くと:1回
熱を吹くこ:1回
前1文字
な熱を吹く:5回
ば熱を吹く:2回