物足らない[語句情報] » 物足らない

「物足らない〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

物足らないの前後の文節・文章を表示しています。該当する15件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
星座」より 著者:有島武郎
た。それは清逸には奇怪にさえ思われることだった。で、自分を強《し》いるようにその物足らない気分を打ち消すために、先ほどから明るい障子に羽根を休めている蝿《はえ》....
両国の秋」より 著者:岡本綺堂
えた。お里はとかく俯向き勝ちに歩いているので、その白い横顔を覗くだけでは何となく物足らないように思われた。 「どうもありがとうございました。さぞ御迷惑でございま....
玉藻の前」より 著者:岡本綺堂
目礼して別れた。そのうしろ影が門の外へ消えてゆくのを見送って、千枝太郎はなんだか物足らないような寂しい心持になって、糸にひかれたようにふらふらと樹の下を離れた。....
生まれいずる悩み」より 著者:有島武郎
自身の力を信じていいのか疑わねばならぬかの二筋道に迷いぬいた――を去って、私には物足らない都会生活が始まった。そして、目にあまる不幸がつぎつぎに足もとからまくし....
親子」より 著者:有島武郎
ような笑い顔を取りもどして晩酌を傾けた。そこに行くとあまり融通のきかない監督では物足らない風で、彼を対手に話を拡げて行こうとしたが、彼は父に対する胸いっぱいの反....
惜みなく愛は奪う」より 著者:有島武郎
いから。お前が外部的に教え込まれている理想の物指にあてはめて見ると、私はいかにも物足らない存在として映るだろう。私はキャリバンではない代りにエーリヤルでもない。....
三浦老人昔話」より 著者:岡本綺堂
も申す通り、新内松に矢がすりお金――この方に一向面白いお芝居がないので、まことに物足らないようですが、実録は大抵こんなものかも知れませんね。....
綺堂むかし語り」より 著者:岡本綺堂
ろしいもので、それがだんだんに年を経るにしたがって、机の上に人形がないと何んだか物足らないような気分で、ひどく心さびしく感じられるようになってしまいました。それ....
俳優と現代人の生活(対話Ⅴ)」より 著者:岸田国士
んど破綻もなく、立派に芸術賞に値する演技になつたけれども……、僕に言わせると多少物足らない所がある。それは田村君自身も十分わかつて、この間の芸術賞の受賞式の時の....
停車場の少女」より 著者:岡本綺堂
久し振りで不二雄さんのそばへ来て、たった一日で帰るのはどうも名残り惜しいような、物足らないような心持が、おそらく継子さんの胸の奥に忍んでいるのであろうと察せられ....
「心理試験」序」より 著者:小酒井不木
と食塩と水とビタミンさえあれば、味などはどうでもかまわぬと言われたら、どんなにか物足らないであろう。それと同じく、直接人心の向上に与らない文学は読むなといわれた....
ニッポン音楽」より 著者:兼常清佐
で大変興味があります。しかしそれを私共の生きた音楽の主な楽器としてみれば、極端に物足らない所があります。詳しくいうまでもなく、それは一種の原始楽器に過ぎません。....
五色蟹」より 著者:岡本綺堂
の男とならんでゆく間も、彼女は殆んど一度も口を利かないのを、遠泉君たちはなんだか物足らないように思った。こっちの三人の中では、田宮が一番おとなしかった。 昼の....
黒部川奥の山旅」より 著者:木暮理太郎
水が其下を泡立って流れて行く。両岸が露わな為に、上流に見るような凄味に乏しいのは物足らないが瀬の音は高かった。河原を上って今度はドスマという所にかかる。同じ様な....
春の大方山」より 著者:木暮理太郎
珍らしいであろう。それも鳴沢から大室山の南を通って人穴に至る道を知っている人には物足らないものである。本栖湖の外は周囲が余り拓けているので、山中の湖水という感じ....

「物足らない」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
物足らないよ...:6回
物足らない所...:2回
物足らないで...:1回
物足らないも...:1回
物足らないが...:1回
物足らない存...:1回
物足らない都...:1回
物足らない風...:1回
物足らない気...:1回
前1文字
か物足らない:4回
は物足らない:4回
に物足らない:2回
少物足らない:1回
、物足らない:1回
も物足らない:1回
の物足らない:1回
く物足らない:1回