物足りない[語句情報] » 物足りない

「物足りない〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

物足りないの前後の文節・文章を表示しています。該当する15件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
」より 著者:芥川竜之介
がその人がその不幸を、どうにかして切りぬける事が出来ると、今度はこっちで何となく物足りないような心もちがする。少し誇張して云えば、もう一度その人を、同じ不幸に陥....
黒衣聖母」より 著者:芥川竜之介
のどこだかに、漂《ただよ》っているような心もちがした。いや、怪しいと云ったのでは物足りない。私にはその顔全体が、ある悪意を帯びた嘲笑を漲《みなぎ》らしているよう....
或日の大石内蔵助」より 著者:芥川竜之介
うぶしょう》に答えた。 その人に傲《たかぶ》らない態度が、伝右衛門にとっては、物足りないと同時に、一層の奥床しさを感じさせたと見えて、今まで内蔵助の方を向いて....
」より 著者:芥川竜之介
れた手を洗っている――二人とも、どうやら、暮れてゆく春の日と、相手の心もちとに、物足りない何ものかを、感じてでもいるような容子《ようす》である。 「とにかく、そ....
婦系図」より 著者:泉鏡花
、」 「…………」 「もんですか。勿体至極もござらん。」 と極ったが、何かまだ物足りない。 「帯ですか。」 「さよう、」 「これを上げましょう。」 とすっと....
惜みなく愛は奪う」より 著者:有島武郎
も一度は信仰の門をくぐったことがあろう。人のすることを自分もして見なければ、何か物足りないような淋しさから、お前は宗教というものにも指を染めて見たのだ。お前が知....
耽溺」より 著者:岩野泡鳴
にしみ込むほど羨ましく思ったが、死に至るまで古典的な態度をもって安心していたのを物足りないように思った。デカダンはむしろ不安を不安のままに出発するのだ。 こん....
西湖の屍人」より 著者:海野十三
を出ると孫を呼んで、自分が生きているかどうかを、尋ねてみた。 孫の言葉だけでは物足りないときは、マリ子を呼んで、身体の一部に触らせた。それでも自信が得られない....
」より 著者:海野十三
る身体でありながら、まるで鉱石で作った身体をもっているような気がして来た。なにが物足りないのだ。なにが淋しいのだ。 「そうだ、妻君を貰おう!」 彼は、このスウ....
地獄の使者」より 著者:海野十三
があった。しかしながら今も述べたように三津子という女を真犯人として扱うにはどうも物足りない感じがしてならない。この事件の底には、もっともっとねばっこいものが存在....
時限爆弾奇譚」より 著者:海野十三
に相違ないからであった。 「うん、どうも脂がつよすぎるようじゃ」 博士は、やや物足りない顔である。 そういうときは気をつけないと、突然博士は怒って乱暴を始め....
火星兵団」より 著者:海野十三
て来た。 では、このまますぐ山を下ろうか。 (いや、このまま山を下ったのでは、物足りない。火星の生物は、まだ自分が近くにいることを知らないだろうから、もっと彼....
霊界通信 小桜姫物語」より 著者:浅野和三郎
滝の修行場へと向ったのでした。 お客さまが見えた時に、こちらの世界で何が一ばん物足りないかといえば、それは食物のないことでございます。それも神様のお使者や、大....
『十八時の音楽浴』の作者の言葉」より 著者:海野十三
は遠からず。但しこの小説も、長編として行きたい構想のものであるから、この紙数では物足りない。 『新学期行進曲』と『電気玉手箱』と『新聞社見学』と『文化放送演芸―....
初雪」より 著者:秋田滋
それから、彼女は家のなかを片づけ出した。これがたッぷり一月かかった。何となく物足りない気はしたが、それでも仕事に紛れて、日が一日一日とたって行った。彼女は生....

「物足りない」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
物足りない。...:4回
物足りないよ...:3回
物足りないと...:2回
物足りないか...:1回
物足りない顔...:1回
物足りない気...:1回
物足りないの...:1回
物足りない何...:1回
物足りない感...:1回
前1文字
は物足りない:3回
、物足りない:3回
く物足りない:2回
や物足りない:1回
ん物足りない:1回
も物足りない:1回
か物足りない:1回
だ物足りない:1回
を物足りない:1回
が物足りない:1回