狙い打ち[語句情報] » 狙い打ち

「狙い打ち〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

狙い打ちの前後の文節・文章を表示しています。該当する2件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
旗本退屈男」より 著者:佐々木味津三
一つ仕止める方法は手裏剣でした。足一本傷つけるのを覚悟で、追いちぢまったところを狙い打ちに打ち放ったら、手元に狂いもなく仕止められるに違いないが、兎にも角にも霊....
私本太平記」より 著者:吉川英治
壇には、七、八人が一ト組となって初めに防ぐ。 まず、よじ登って来る目ぼしい敵を狙い打ちに射とめ、近づく敵は、刺しころす。――が、それでもなお後から後から屍をこ....

「狙い打ち」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
狙い打ちに:2回
前1文字
を狙い打ち:2回