由緒書[語句情報] » 由緒書

「由緒書〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

由緒書の前後の文節・文章を表示しています。該当する7件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
神社合祀に関する意見」より 著者:南方熊楠
を標準とせり。ただし地勢および祭祀理由において、特殊の事情あるもの、および特別の由緒書あるものにして維持確実なるものは合祀に及ばず、その特別の由緒とは左の五項な....
渋江抽斎」より 著者:森鴎外
軽軍記』、『津陽開記』、『御系図三通』、『歴年|亀鑑』、『孝公行実』、『常福寺|由緒書』、『津梁院過去帳抄』、『伝聞雑録』、『東藩名数』、『高岡霊験記』、『諸書....
ああ玉杯に花うけて」より 著者:佐藤紅緑
しはきみに見せようと思って書いておいたのだ」 「なんですか」 「きみの先祖からの由緒書きだ」 「はあ」 千三は由緒書きなるものはなんであるかを知らなかった、で....
長吏名称考」より 著者:喜田貞吉
に上州平野村長吏九郎左衛門、小田原長吏太郎左衛門訴訟の事がある。また、「弾左衛門由緒書」には、 私先祖摂津国池田より相州鎌倉へ罷下、相勤候処、長吏云云。 寅年(....
エタ源流考」より 著者:喜田貞吉
のと同じく、もと僧形をなしていたものらしい。明治三十二年に京都府へ出した「小法師由緒書」には、 元僧侶にして、往古御遷都(奈良より京都への御遷都)の砌、南都より....
賤民概説」より 著者:喜田貞吉
さしめたのは、享保の頃であった。この頃しきりに各地のエタや非人の頭に命じて、その由緒書を提出させている。けだしこれに依って、彼らの取締りの途を講ずる参考としたの....
俗法師考」より 著者:喜田貞吉
込んだのであろう。したがって彼らは普通に他の声聞師仲間と同一に扱われ、『弾左衛門由緒書』なる穢多手下の四十八座中には明らかにこれを数え、本居内遠の『賤者考』にも....

「由緒書」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
由緒書」:2回
由緒書』:2回
由緒書を:1回
由緒書き:1回
由緒書あ:1回
前1文字
の由緒書:3回
門由緒書:2回
師由緒書:1回
|由緒書:1回