留守を使う[語句情報] » 留守を使う

「留守を使う〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

留守を使うの前後の文節・文章を表示しています。該当する2件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
虞美人草」より 著者:夏目漱石
すれば何の苦もない。いやなら留守を使えば済む。小野さんは先方の感情を害せぬ限りは留守を使う勇気のある男である。ただ困るのは逢いたくもあり、逢いたくもなくて、前へ....
小さな山羊の記録」より 著者:坂口安吾
きるという乱脈さには、日々不快な思いを重ねた。 私は一切の面会を拒絶したが、居留守を使う不快に堪えがたくて、できるだけ、旅行にでた。旅にでれば、気分が変って、....

「留守を使う」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
留守を使う不:1回
留守を使う勇:1回
前1文字
居留守を使う:1回
は留守を使う:1回