県内[語句情報] » 県内

「県内〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

県内の前後の文節・文章を表示しています。該当する14件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
単独行」より 著者:加藤文太郎
様設立のデデイル会(三菱)に入ってからこの味が少しわかりだし、大正十三年以来兵庫県内の国道と県道を四百里ほど歩いた。大正十四年の八月終りには蓮華温泉から白馬岳に....
縮図」より 著者:徳田秋声
て来ると、いやな噂が耳に入り、気を悪くしていたので、医専が県立であるところから、県内の方々から依頼して来る手術も人に譲り怠りがちであった。彼は銀子を追究して真相....
一九三二年の春」より 著者:宮本百合子
れないから残念がっているそうだ。大体下諏訪の製糸工場は大きいのが少く、女工さんも県内の出身が多く、通勤も相当あるので、文学サークルなども作れる。しかし文学サーク....
二重心臓」より 著者:夢野久作
いる事はトックの昔から睨んでいた。しかしイクラ忠告をしても止めないばかりでなく、県内の有力者の勢力なんかを利用して盛んに高価い絵を売り拡げて行くので、俺は実をい....
鳴雪自叙伝」より 著者:内藤鳴雪
、私は学区取締からその主幹を兼務して、この伝習の事にも当った。そこで松山人は勿論県内の大洲、宇和島、今治、小松、西条等の小学教育に従事する重《お》もなる者を呼び....
カラマゾフの兄弟」より 著者:ドストエフスキーフィヨードル・ミハイロヴィチ
を迎いにやった。医者はすぐに駆けつけてくれた。彼は慎重に病人を診察して(この人は県内でも最も慎重で丁寧なかなりな年配の上品な医者であった)、これはなかなか激烈な....
レ・ミゼラブル」より 著者:豊島与志雄
脈絡とによって、バベとグールメルとクラクズーとモンパルナスとの四人は、広くセーヌ県内の闇撃《やみうち》を一手に引き受けていた。彼らは通行人に対して、下層からのク....
淪落の青春」より 著者:坂口安吾
から一一〇〇米ぐらいの小連峯をひかえ、これがみんな彼の持ち山なのである。 彼の県内にも戦災都市があり、冬は寒い国柄であるから、建築用材、木炭、薪、需要は大いに....
阿Q正伝」より 著者:井上紅梅
、てめえが謀叛する。謀叛すれば首が無いぞ。乃公はどうしても訴え出てやる。てめえが県内に引廻されて首の無くなるのを見てやるから覚えていろ。一家一族皆殺しだ。すぱり....
学校教育における図書館の利用」より 著者:佐野友三郎
今日の小学教育終了者にして全国鉄道重要駅を枚挙し得る者、その所在町村を基点として県内旅行の順序日程を定め得る者果して幾何ぞ。国史上の大人物はこれを暗記せるも郷土....
日記」より 著者:宮本百合子
十五日(月曜) 「我に叛く」を書き始める。 八月五日(金曜) 一夫さんが西津(県内の若狭よりの海岸)の小学校に行く辞令をもらって、天下我ことなれりと云った風で....
死の接吻」より 著者:小酒井不木
始めた。然し黴菌の方では人間を少しも恐怖しなかった。各府県の防疫官たちは、自分の県内へさえ侵入しなければ、ほかの県へはいくら侵入してもかまわぬという奇抜な心懸け....
手仕事の日本」より 著者:柳宗悦
の国の古い都|篠山から、そう離れたところではありません。立杭と呼ぶ村で、今は兵庫県内の多紀郡|今田村に属します。窯の形はごく背の低い、どちらかというとみすぼらし....
年中行事覚書」より 著者:柳田国男
調合に行き、四月八日にはお帰りになるといって、その日が参拝の日であった。 宮城県内のそちこちの村で聴いているのは、神のお立ちが十二月の八日、お帰りは二月八日と....

「県内」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
県内の:9回
県内に:2回
県内へ:1回
県内旅:1回
県内で:1回
前1文字
庫県内:2回
の県内:2回
、県内:2回
て県内:1回
(県内:1回
城県内:1回
が県内:1回
ヌ県内:1回
も県内:1回
論県内:1回
は県内:1回