禹域[語句情報] » 禹域

「禹域〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

禹域の前後の文節・文章を表示しています。該当する2件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
運命」より 著者:幸田露伴
日、病んでオトラル(Otoral)に死し、二雄|相下らずして龍闘虎争するの惨禍を禹域の民に被らしむること無くして已みぬ。 四年|応文は西平侯の家に至り、止まる....
『尚書』の高等批評」より 著者:白鳥庫吉
に關するものを他にして求む可らざることを。 禹に至つては刻苦勉勵、大洪水を治し禹域を定めたるもの、これ地に關する事蹟なり。禹の事業の特性は地に關する點にあり。....

「禹域」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
禹域を:1回
禹域の:1回
前1文字
し禹域:1回
を禹域:1回