禹貢[語句情報] » 禹貢

「禹貢〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

禹貢の前後の文節・文章を表示しています。該当する1件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
『尚書』の高等批評」より 著者:白鳥庫吉
十二宮二十八宿の智識と、陰陽思想とがその根底となりしものなるを知るべき也。 又禹貢の九州を見るに之にも一の系統の截然として存するを見る。東を青州といへるは五行....

「禹貢」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
禹貢の:1回
前1文字
又禹貢:1回