筆を染める[語句情報] » 筆を染める

「筆を染める〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

筆を染めるの前後の文節・文章を表示しています。該当する5件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
玉藻の前」より 著者:岡本綺堂
じは得意であった。客もむろん満足であった。 思い思いに寄りつどって色紙や短冊に筆を染める者もあった。管絃《かんげん》の楽《がく》を奏する者もあった。当日の賓客....
映画芸術」より 著者:寺田寅彦
はあるまいと思う。 ついでながら、自分のような門外漢がこの講座のこの特殊項目に筆を染めるという僣越をあえてするに至った因縁について一言しておきたいと思う。元来....
現今の少女小説について」より 著者:宮本百合子
たって取り返しの出来ない事をする人だって必してないじゃありません。 少女小説に筆を染める人々は丁度大学の教授よりも、小学校の教師の方が責任が重いと同じ様に、大....
日本の近代的探偵小説」より 著者:平林初之輔
んで読書欲の起こらぬ人は、今日私だけではなかろうと思う。二三の作家が、探偵小説に筆を染めるという話をきいているが、これは当然の成り行きであって、その作家が、わざ....
明治劇談 ランプの下にて」より 著者:岡本綺堂
一名三十八銭であった。 演劇改良会その他が劇の向上を促して、局外の文士で劇作に筆を染める人がおいおい現われて来たことは前にも言った。しかもそれが舞台に実演され....

「筆を染める」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
筆を染める人:2回
筆を染めると:2回
筆を染める者:1回
前1文字
に筆を染める:5回