筆を走らせる[語句情報] » 筆を走らせる

「筆を走らせる〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

筆を走らせるの前後の文節・文章を表示しています。該当する6件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
水の三日」より 著者:芥川竜之介
はりがみ》をしたので、直ちに多くの人々がこの窓の外に群がった。いよいよはがきに鉛筆を走らせるまでには、どうにか文句ができるだろうくらいな、おうちゃくな根性ですま....
俳諧の本質的概論」より 著者:寺田寅彦
果はただの目録のようなものになってしまう恐れがあるので、むしろ自由に思いのままに筆を走らせることにした。従って触れるべき問題にして触れ得なかったものも少なくない....
大菩薩峠」より 著者:中里介山
れに本文は、筆写にかかわる必要はないから、すらすらと自分流に、画面にも合うように筆を走らせるから進みも早く、その日のうちに、十余枚の一冊を苦もなく仕上げてしまい....
芽生」より 著者:宮本百合子
い絵書きの前に、私は髪を一束につかねて、じみな色のネルを着てその人の絵絹の上に細筆を走らせる時の様に、かすかに動いて居る様な手を見ながらその話にききほれて居る。....
宮本武蔵」より 著者:吉川英治
れに手を浸し、指のしずくを墨つぼにたらしていた。 佇ったまま、懐紙にさらさらと筆を走らせる。彼の文字は流達で、文辞には才気があった。 「これに飯粒が」 と、....
三国志」より 著者:吉川英治
う出てみろとは?」 「すなわち、こう出るのだ」 有合う紙片のうえに、虞翻は何か筆を走らせる。傅士仁は首を寄せて黙読していたが、急に悟ったような顔をして、 「あ....

「筆を走らせる」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
筆を走らせる。:2回
筆を走らせる時:1回
筆を走らせるか:1回
筆を走らせるこ:1回
筆を走らせるま:1回
前1文字
に筆を走らせる:2回
か筆を走らせる:1回
と筆を走らせる:1回
細筆を走らせる:1回
鉛筆を走らせる:1回