筆入れ[語句情報] » 筆入れ

「筆入れ〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

筆入れの前後の文節・文章を表示しています。該当する6件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
道標」より 著者:宮本百合子
つけて図星だった。 このことがあって間もなく、素子はパッサージ・ホテルから、筆入れ箱のように細長くて狭いルケアーノフの室に戻って来た。そして、伸子がチェホフ....
簔虫と蜘蛛」より 著者:寺田寅彦
ってはジャムの空罐へほうり込んでいた。小さい妹のほうはかえって平気で指でつまんで筆入れの箱の上に並べていた。 庭の楓のはあらかた取り尽くして、他の木のもあさっ....
クリスマス・カロル」より 著者:ディケンズチャールズ
登って、自分の分捕品を持ち出した。それは量高の物ではなかった。印刻が一つ二つ、鉛筆入れが一個、袖口ボタンが一組、それに安物の襟留めと、これだけであった。品物はジ....
南京虫殺人事件」より 著者:坂口安吾
いたのであった。 さらに意外なことがあった。机のヒキダシの中や、ハリ箱の中や、筆入れの中からまで、無造作に合計五十三個という南京虫腕時計が現れたのだ。 屍体....
気にいらない鉛筆」より 著者:小川未明
つもお母さんがおっしゃっているのですもの。」と、光子さんはいって、走って、自分の筆入れの中から、新しい鉛筆を持ってきました。 「これを兄さんにあげるといいわ。私....
古いはさみ」より 著者:小川未明
と、お母さんが、赤いひものついているはさみをお出しになりました。 はさみはまた筆入れの中にいれられて、その後英ちゃんのお供をすることになりました。お家の人はこ....

「筆入れ」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
筆入れの:4回
筆入れが:1回
筆入れ箱:1回
前1文字
、筆入れ:2回
た筆入れ:1回
の筆入れ:1回
鉛筆入れ:1回
で筆入れ:1回