群游[語句情報] » 群游

「群游〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

群游の前後の文節・文章を表示しています。該当する2件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
怪奇人造島」より 著者:寺島柾史
の沿岸は、ラッコの棲息地として名高いし、また洋上には、オットセイが、おびただしく群游する。白人の密猟者にとっては、千島第一の猟場なのだ。 虎丸は、アブオス島沖....
」より 著者:吉川英治
十里に、笛太鼓の音が流れていた。初夏の薫風に白いつばさを拡げて、青田の上を白鷺が群游していた。 五頭の荷駄に十樽の酒をつけ、一頭の馬には肴を負わせ、他にも町の....

「群游」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
群游し:1回
群游す:1回
前1文字
が群游:1回
く群游:1回