脊髄癆[語句情報] » 脊髄癆

「脊髄癆〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

脊髄癆の前後の文節・文章を表示しています。該当する2件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
黒死館殺人事件」より 著者:小栗虫太郎
りやすいものであるに相違ないのだ。ところが支倉君、眼を覆われて斃される――それが脊髄癆なんだよ。しかも、第一期の比較的目立たない徴候が、十数年にわたって継続する....
爆弾太平記」より 著者:夢野久作
……ああ……酔うた酔うた。 ……どうだ斎木……モ一つ行こう。脊髄癆ぐらい酒を飲めば癒るよ。ちょっとも酔わんじゃないか君は……。 ナニ……恐....

「脊髄癆」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
脊髄癆ぐ:1回
脊髄癆な:1回
前1文字
。脊髄癆:1回
が脊髄癆:1回