菜飯[語句情報] » 菜飯

「菜飯〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

菜飯の前後の文節・文章を表示しています。該当する9件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
坊っちゃん」より 著者:夏目漱石
らぼう》め、イナゴもバッタも同じもんだ。第一先生を捕《つら》まえてなもした何だ。菜飯《なめし》は田楽《でんがく》の時より外に食うもんじゃない」とあべこべに遣り込....
彼岸過迄」より 著者:夏目漱石
いろいろ云って聞かされる中には、今の人があまり口にしない名前さえあった。広小路に菜飯《なめし》と田楽《でんがく》を食わせるすみ屋という洒落《しゃれ》た家があると....
三郎爺」より 著者:宮本百合子
夏、彼がまだフヨフヨの赤ん坊のときに起った。 六右衛門という百姓の女房が背戸で菜飯にする干葉を洗っていた。 もうあたりは薄暮れて、やがて螢の出そうな刻限だの....
鳴雪自叙伝」より 著者:内藤鳴雪
どもの一行に加ったのであったが、後に継母の親戚の山本が来て、『松田の箱入美人を、菜飯《なめし》田楽へ連れて行ったのはひどいじゃないか』といって笑った。 この山....
幕末維新懐古談」より 著者:高村光雲
暴れ狂って来た。 で、今度は広小路の方へ追われて出て、私たちは広小路の万年屋(菜飯屋)の前へ荷物を運び出しました(万年屋は師匠の家のしるべでした)。 すると....
幕末維新懐古談」より 著者:高村光雲
から、雷門へひとまず帰って、門へ向って左側、広小路へ出ましょう。 此所にはまた菜飯茶屋という田楽茶屋がありました。小綺麗な姉さんなどが店先ででんがくを喰ってお....
幕末維新懐古談」より 著者:高村光雲
師匠の荷物も何もかも火の海と化し去る所を見ているのでありますが、万年屋、山城屋(菜飯屋)などの火焔の煽りで熱くなって、その酒に濡れた衣物が乾いて、烟が出ているの....
食道楽」より 著者:村井弦斎
煮ます。これにはペラオ飯へかける通りのソースを何でもかけて出します。 第九 野菜飯 は玉葱《たまねぎ》と人参《にんじん》と馬鈴薯《じゃがたら》とセロリーあるい....
食道楽」より 著者:村井弦斎
の煮物 野菜《やさい》サンドウィッチ 秋 第二百十三 旅の弁当 野菜飯《やさいめし》 秋付録 米料理百種「西洋料理の部」の「....

「菜飯」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
菜飯屋:2回
菜飯 :2回
菜飯茶:1回
菜飯田:1回
菜飯と:1回
菜飯に:1回
菜飯は:1回
前1文字
(菜飯:2回
野菜飯:2回
た菜飯:1回
、菜飯:1回
に菜飯:1回
で菜飯:1回
。菜飯:1回