華厳滝[語句情報] » 華厳滝

「華厳滝〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

華厳滝の前後の文節・文章を表示しています。該当する3件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
吾輩は猫である」より 著者:夏目漱石
。可愛想《かわいそう》に。打ちゃって置くと巌頭《がんとう》の吟《ぎん》でも書いて華厳滝《けごんのたき》から飛び込むかも知れない。元を糺《ただ》せば金田令嬢のハイ....
獄中への手紙」より 著者:宮本百合子
。食べ物の関係から。宿やなんか同じようですものね。たしかにそういうところもある。華厳滝のそばから、話の種にケーブルカアにのろうということでしたが、大層な列を見て....
層雲峡より大雪山へ」より 著者:大町桂月
を見る。下りて見上ぐれば、高い哉。八十丈と称す。直下せずして、曲折するが、日光の華厳滝よりは遥に高き也。この滝の水、落ちて間もなく、忠別川に入る。川に沿い、数町....

「華厳滝」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
華厳滝よ:1回
華厳滝の:1回
華厳滝か:1回
前1文字
の華厳滝:1回
。華厳滝:1回
て華厳滝:1回