華厳経[語句情報] » 華厳経

「華厳経〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

華厳経の前後の文節・文章を表示しています。該当する15件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
虞美人草」より 著者:夏目漱石
ぶっけんしょう》と云ってね。やっぱり薔薇の一種だ」 「仏見笑? 妙な名だな」 「華厳経《けごんきょう》に外面《げめん》如菩薩《にょぼさつ》、内心《ないしん》如夜....
般若心経講義」より 著者:高神覚昇
うと存じます。 書物の題とその内容を、ありのままに描いたものが、すなわちこの『華厳経』なのであります。 法華経のこと ところで、この『華厳経』といつも対称的....
十二支考」より 著者:南方熊楠
成る、鶴岡八幡宮の神宝なるは能作生珠だ、その製法呪法は真言の秘法というとある。『華厳経《けごんぎょう》』に一切宝中如意宝珠最も勝るとあり。『円覚鈔』にいう、〈如....
イデオロギー概論」より 著者:戸坂潤
めたりすることが出来る。社会組織の問題が国学によって決定されたり、弁証法が完全に華厳経にあったり何かするのである。 社会的発生学と歴史的系譜学とを有つ(イデオ....
断片(Ⅱ)」より 著者:寺田寅彦
でよく一致しているから面白い。 また河水が流れ込んでも海が溢れない訳を説明する華厳経の文句がある。大海有四熾燃光明大宝。其性極熱。常能飲縮。百川所流無量大水。....
方則について」より 著者:寺田寅彦
である。かくのごとき事実が吾人に認め得られるというのは不思議な事ではあるまいか。華厳経に万物相関の理というのが説いてあるそうである。誠に宇宙は無限大でその中に包....
非情の愛」より 著者:豊島与志雄
読経は、経典なしの真の暗誦だった。経文は普通に使用される三部経のいずれでもなく、華厳経の一部だった。 童女は膝に手を置いて眼をつぶり、美春も老人も胸もとに合掌....
学生と先哲」より 著者:倉田百三
をもって正宗としなければならぬ。 なぜなれば、法華経は了義経であって、その他の華厳経、大日経、観経を初め、已、今、当の一切の経は不了義経である。しかるに涅槃経....
生活と一枚の宗教」より 著者:倉田百三
ると思います。そういうものを扱ったのを仏教で聴きますのは「善財童子」というものが華厳経に出てくる。森から森をへめぐって、五十五人の善知識を一人ずつたずねて、これ....
親鸞」より 著者:三木清
道なりと云々」と『歎異鈔』には記されている。迷信は何によって生ずるのであるか。『華厳経』には「占相をはなれて、正見を修習せしめ、決定してふかく罪福の因縁を信ずべ....
古寺巡礼」より 著者:和辻哲郎
三例を考えてみよう。前の二つは記録にも明らかに新作だとことわってあり、後の一つも華厳経の句を讃歌に使ったところから推して大仏供養のための特殊なものであったことが....
チベット旅行記」より 著者:河口慧海
巻いて居る。その有様は五百羅漢が この池については仏教にも種々の説明があって現に華厳経には詩的説明を施して居るです。実にその説明の仕方が面白い。それによるとイン....
法然行伝」より 著者:中里介山
《しょうらい》の画像はその後二尊院の経蔵に安置せられていた。 七 法然が黒谷で華厳経の講義をしていた時に青い小さい蛇が机の上にいた。それを居合せた法蓮房信空に....
仏教人生読本」より 著者:岡本かの子
ます。 文殊菩薩がある日、善財童子(文殊は智慧の象徴、善財は求道者、両者とも、華厳経中の人物です)に向って、「おまえ、これから世界中を探してみて、もし、薬にな....
獄中通信」より 著者:戸坂潤
様子を細かく知らせること。なるべくは間を造って英語と読書とをやるように。その後「華厳経」一、鈴木大拙「東洋的一」、孟子、ブラウン「キリスト教要義」など読む。海達....

「華厳経」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
華厳経に...:5回
華厳経の...:4回
華厳経』...:3回
華厳経」...:1回
華厳経、...:1回
華厳経中...:1回
前1文字
『華厳経:3回
「華厳経:2回
に華厳経:2回
、華厳経:2回
も華厳経:1回
で華厳経:1回
が華厳経:1回
。華厳経:1回
る華厳経:1回
の華厳経:1回