華壇[語句情報] » 華壇

「華壇〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

華壇の前後の文節・文章を表示しています。該当する2件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
青年」より 著者:森鴎外
らしい、乾いた空気を呼吸しながら二人は精養軒を出た。 二人は山を横切って、常磐華壇の裏の小さな坂を降りて、停車|場に這入った。時候が好いので、近在のものが多く....
競漕」より 著者:久米正雄
の単一な顔を珍らしげに見廻した。 五 その夜いつもの慣例に従って常盤華壇で祝勝会があった。競漕からもう数時間を経ていた。それで各選手はおのおの過去の....

「華壇」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
華壇で:1回
華壇の:1回
前1文字
盤華壇:1回
磐華壇:1回