華夷[語句情報] » 華夷

「華夷〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

華夷の前後の文節・文章を表示しています。該当する2件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
三国志」より 著者:吉川英治
は時計も作った。その時計は、毎更に鼓を鳴らし、三更になると、鶏の声を三唱する。「華夷考」 ――孔明の用いた釜は今でも水を入れるとひとりでにすぐ沸く。「丹鉛録」....
春雪の出羽路の三日」より 著者:喜田貞吉
ざるところであったに相違ない。後三年の役直接の原因がなんであろうとも、その根本は華夷の衝突とうてい免れ難いところにあったのだ。しかもその義家も、自己の兵力のみを....

「華夷」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
華夷の:1回
華夷考:1回
前1文字
は華夷:1回
「華夷:1回