華字[語句情報] » 華字

「華字〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

華字の前後の文節・文章を表示しています。該当する3件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
法窓夜話」より 著者:穂積陳重
に「統計」の名を附したのはこれが初めてである。この「統計」の二字は、恐らくは「英華字典」にスタチスチックに対して「統紀」という訳字を用いておったのに拠って案出し....
植物一日一題」より 著者:牧野富太郎
がどこからこの名を釣出して来たのか、今私には不明である。彼のロブスチード氏の『英華字典』などにもそんな名は見付からない。私はその出典が知りたいのだが、そのうちど....
西航日録」より 著者:井上円了
だその地、山に踞し海に臨み、極めて狭隘なるを遺憾とす。午前上陸、桐野領事および『華字日報』主筆潘飛声に面会す。ともに余が旧知なり。なかんずく潘氏は、十五年前ドイ....

「華字」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
華字典:2回
華字日:1回
前1文字
英華字:2回
『華字:1回