華押[語句情報] » 華押

「華押〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

華押の前後の文節・文章を表示しています。該当する3件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
渋江抽斎」より 著者:森鴎外
氏を襲ぐに至った。名は秋邦、字は得入、空華、月所、如是縁庵等と号した。平生用いた華押は邦の字であった。剃髪して五郎作|新発智東陽院寿阿弥陀仏曇※然の名などとを配....
興津弥五右衛門の遺書」より 著者:森鴎外
に奉対、忠誠を擢ずべく候。 正保四年|丁亥十二月|朔日 興津弥五右衛門景吉|華押 興津才右衛門殿 正保四年十二月二日、興津弥五右衛門景吉は高桐院の....
興津弥五右衛門の遺書(初稿)」より 著者:森鴎外
掻切候ほどの事は出来申すべく候。 万治元|戊戌年十二月二日 興津弥五右衛門|華押 皆々様 この擬書は翁草に拠って作ったのであるが、その外は手近に....

「華押」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
華押 :2回
華押は:1回
前1文字
|華押:2回
た華押:1回