踏んだり蹴ったり[語句情報] » 踏んだり蹴ったり

「踏んだり蹴ったり〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

踏んだり蹴ったりの前後の文節・文章を表示しています。該当する12件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
時間」より 著者:横光利一
来なくなったと見えて、中には眠りながら手だけは殴る形をして動かしている者もあり、踏んだり蹴ったり殴ったり修羅場みたいに傍若無人になぐり合っているうちに、また一同....
豚吉とヒョロ子」より 著者:三鳥山人
と云ううちに大勢の見物人が上って来て、見世物小屋の主人をメチャメチャに殴り付て、踏んだり蹴ったりしますと、めいめいお金を取り返して帰って行ってしまいました。 ....
半七捕物帳」より 著者:岡本綺堂
て、とうとう大喧嘩になってしまって……。旦那はおかみさんを引き摺り倒して、乱暴に踏んだり蹴ったりするので、あたし達もみかねて仲へはいって、ともかくもおかみさんを....
夜明け前」より 著者:島崎藤村
土足のまま桝田屋の床の間に引き揚げたそうですよ。えらい話じゃありませんか。実に、踏んだり蹴ったりです。」 「京都の敵をこの宿場へ来て打たれちゃ、たまりませんね。....
爆弾太平記」より 著者:夢野久作
大勢載せた、正体のわからない発動機船が一艘、どこからか出て来て、父さんを捉まえて踏んだり蹴ったりしたから、ウチもその中の一人の向う脛に噛み付いてやったら、一気に....
大菩薩峠」より 著者:中里介山
てしまおうとすると、その上へどさりと折重なった者がありました。いくら道庵先生でも踏んだり蹴ったりでは黙っていられない。 「誰だ、誰だ」 周章《あわて》て跳《は....
アド・バルーン」より 著者:織田作之助
さア、お腹は空いてくるわ、なんぼ泣いてもほっとかれるわ。お襁褓もかえてくれんわ。踏んだり蹴ったりや。蹴ったくそわるいさかい、オギアオギアせえだい泣いてるとこイ、....
ジロリの女」より 著者:坂口安吾
からである。 私というものは、金龍にとっては歯牙にもかけておらぬ奴隷にすぎず、踏んだり蹴ったり、ポイとつまんでゴミのように捨てゝ、金龍は一秒間の感傷に苦しむこ....
街はふるさと」より 著者:坂口安吾
見ていた。それは同族に対するあわれみの念でもある。記代子のようなアワレな娘には、踏んだり蹴ったりされても、トコトンまでイタワリを果すユトリを彼は身につけていたの....
フランケンシュタイン」より 著者:シェリーメアリー・ウォルストンクラフト
中に踏み出したころには自分を支えてくれたこの考えも、今となっては、自分をますます踏んだり蹴ったりするのにやくだつばかりです。私の思索も希望も、すべて無いに等しく....
日記」より 著者:宮本百合子
振舞えない。為に、種々の反省が起る。永い間にはよいことになる。私の心の中で、彼を踏んだり蹴ったりの目に会わせて居たことをすまなく思い、二人が一生、大きく仕事で光....
空中征服」より 著者:賀川豊彦
熊は賀川の胸倉を取って土べたの上に引倒し、乾分らと寄ってたかって気絶するほど踏んだり蹴ったりした。しかし賀川は別に反抗もしなかった。暴力の統治している世界で....

「踏んだり蹴ったり」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
踏んだり蹴ったりし:3回
踏んだり蹴ったりす:2回
踏んだり蹴ったりで:2回
踏んだり蹴ったりの:1回
踏んだり蹴ったりさ:1回
踏んだり蹴ったり、:1回
踏んだり蹴ったりや:1回
踏んだり蹴ったり殴:1回
前1文字
、踏んだり蹴ったり:5回
を踏んだり蹴ったり:1回
ど踏んだり蹴ったり:1回
す踏んだり蹴ったり:1回
も踏んだり蹴ったり:1回
に踏んだり蹴ったり:1回
て踏んだり蹴ったり:1回
。踏んだり蹴ったり:1回