踏入れる[語句情報] » 踏入れる

「踏入れる〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

踏入れるの前後の文節・文章を表示しています。該当する2件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
雪の夜」より 著者:織田作之助
く蒼かった。それが、赤玉から頼まれてクリスマスの会員券を印刷したのが、そこへ足を踏入れる動機となってしまったのである。 銀色の紐を通した一組七枚重ねの、葉形カ....
夏の町」より 著者:永井荷風
する寝床にはそういう醜いものが寝たかも知れぬ、と思うと、私は其処《そこ》へ片足を踏入れるのが何ともいいようのないほど厭である。」 これは無論西洋の旅館の話だ....

「踏入れる」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
踏入れるの:1回
踏入れる動:1回
前1文字
を踏入れる:2回