踏抜き[語句情報] » 踏抜き

「踏抜き〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

踏抜きの前後の文節・文章を表示しています。該当する7件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
浮動する地価」より 著者:黒島伝治
。僕が、まだ七ツか八ツの頃である。そこで兄は、さきの妻のトシエと、笹の刈株で足に踏抜きをこしらえ、臑をすりむきなどして、ざれついたり、甘い喧嘩をしたり、蕨をつむ....
春昼」より 著者:泉鏡花
け残っておりますけれども、勿体ないほど大破いたして、密と参っても床なぞずぶずぶと踏抜きますわ。屋根も柱も蜘蛛の巣のように狼藉として、これはまた境内へ足の入場もな....
草迷宮」より 著者:泉鏡花
わりに、手拭に畳込んで、うしろ顱巻なんぞして、非常な勢だったんですが、猪口の欠の踏抜きで、痛が甚い、お祟だ、と人に負さって帰りました。 その立廻りですもの。灯....
塩原多助一代記」より 著者:三遊亭円朝
働き宜いったっても余り見ともない、それに跣足で歩くのは止せよ、草履を穿きな、若し踏抜きでもして三日も四日も休むようではいかんよ」 多「踏抜きはしやせん、踏抜きを....
『七面鳥』と『忘れ褌』」より 著者:佐藤垢石
し末、御園中の林または竹なぞ茂叢の中を、裏もなき御草履にて、御駈け廻り遊ばし、御踏抜きども遊ばさる可くと、奉行は流汗恐縮ながら、奔走御供申上候――と述べたのがあ....
木綿以前の事」より 著者:柳田国男
はもとよりはだしまでも禁制した。しかもその当座は草鞋がなお用いられて、禁令は単に踏抜きを予防するにすぎなかったが、もう今日ではことごとくゴム靴だ。そうでなければ....
鷺娘」より 著者:大倉燁子
合子の手を握った、その手は火のように熱かった。 まゆみの苦悶は日毎に加わった、踏抜きから黴菌が入ったのだが、その釘をどこで踏んだのか誰にも分らなかった。 夜....

「踏抜き」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
踏抜きを:2回
踏抜きで:2回
踏抜きか:1回
踏抜きど:1回
踏抜きま:1回
前1文字
に踏抜き:2回
、踏抜き:1回
御踏抜き:1回
の踏抜き:1回
と踏抜き:1回
し踏抜き:1回