踏迷う[語句情報] » 踏迷う

「踏迷う〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

踏迷うの前後の文節・文章を表示しています。該当する2件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
眼を開く」より 著者:夢野久作
ような男とは、どうしても思えなかった。キットあのトラホームのために、眩しい雪道を踏迷うか、谷川へ落ちるかして、どこかで凍え死んでいるに違いないであろうと思うと、....
三十年前の島田沼南」より 著者:内田魯庵
よ。Yがオイオイ声を出して泣いて詫まった時にダネ。人間てものは誰でも誤って邪路に踏迷う事があるが、心から悔悛めれば罪は奇麗に拭い去られると懇々説諭して、俺はお前....

「踏迷う」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
踏迷う事:1回
踏迷うか:1回
前1文字
に踏迷う:1回
を踏迷う:1回