» 

「遅〜」の文章内での使われ方:小説や文学作品の中から探す

遅の前後の文節・文章を表示しています。該当する15件の作品を表示しています。
検索対象[仮名遣い:新字新仮名]
玄鶴山房」より 著者:芥川竜之介
寧《むし》ろお鈴の思惑を考え、半月形の窓越しに熱心に事務員と交渉した。 「実は手れになった病人だしするから、せめて火葬にする時だけは一等にしたいと思うんですが....
戯作三昧」より 著者:芥川竜之介
、自尊心の旺盛《おうせい》な彼にとって、もちろん好ましいことではない。しかも彼は筆の方である。彼はそれが自分の無能力に裏書きをするように思われて、寂しくなった....
疑惑」より 著者:芥川竜之介
額を畳につけると、相不変朗読《あいかわらずろうどく》でもしそうな調子で、 「申しれましたが、私《わたくし》は中村玄道《なかむらげんどう》と申しますもので、やは....
或敵打の話」より 著者:芥川竜之介
を窺《うかが》って歩いた。敵打の初太刀《しょだち》は自分が打ちたい。万一甚太夫にれては、主親《しゅうおや》をも捨てて一行に加わった、武士たる自分の面目《めんぼ....
奇怪な再会」より 著者:芥川竜之介
らしい。ただ心もち俯向《うつむ》いたなり、さっさと人ごみを縫って行くんだ。何でもれずに歩くのは、牧野にも骨が折れたそうだから、余程《よっぽど》先を急いでいたん....
煙管」より 著者:芥川竜之介
銀を用いて見て、それでも坊主共が欲しがるようだったら、その後に、真鍮を用いても、くはあるまい。と云う折衷説《せっちゅうせつ》を持出した。これには二人とも、勿論....
首が落ちた話」より 著者:芥川竜之介
、せめて一時《いっとき》でもこの寂しさを忘れたい。しかしそれはもう、今になってはかった。 何小二の眼には、とめどもなく涙があふれて来た。その涙に濡れた眼でふ....
或日の大石内蔵助」より 著者:芥川竜之介
岡なども、今し方あちらへ参って、そのまま坐りこんでしまいました。」 「道理こそ、いと思いましたよ。」 忠左衛門は、煙にむせて、苦しそうに笑った。すると、頻《....
お律と子等と」より 著者:芥川竜之介
来るかどうか、いよいよ怪しい心もちがする。殊に試験でも始まっていれば、二日や三日れる事は、何とも思っていないかも知れない。れてもとにかく帰って来れば好《い》....
馬の脚」より 著者:芥川竜之介
へ帰って暮らすことにしよう。」 五分、十分、二十分、――時はこう言う二人の上にい歩みを運んで行った。常子は「順天時報《じゅんてんじほう》」の記者にこの時の彼....
アグニの神」より 著者:芥川竜之介
束通り、一思いに命をとってやるぞ」 婆さんはナイフを振り上げました。もう一分間れても、妙子の命はなくなります。遠藤は咄嗟に身を起すと、錠のかかった入口の戸を....
彼の長所十八」より 著者:芥川竜之介
。殊に母堂に篤きが如し。 四、論争に勇なる事。 五、作品の雕琢に熱心なる事。筆なるは推敲の屡なるに依るなり。 六、おのれの作品の評価に謙遜なる事。大抵の....
ファラデーの伝」より 著者:愛知敬一
とんどない。またもし実験の道具が既にある物で間に合えば、その品物の名前を書いて、くとも前日には助手のアンデルソンに渡す。これはアンデルソンが急がなくて済むよう....
スリーピー・ホローの伝説」より 著者:アーヴィングワシントン
は、前に進むどころか、横へそれて、垣根にわきばらをぶつけてしまった。イカバッドはれたために恐怖がますますつのり、手綱をぐいっとばかり反対側にひき、他方の足で力....
三人の百姓」より 著者:秋田雨雀
ささせて、走って行きました。太郎右衛門は、根がはしっこくない男でしたから、多助にれて、一人で坂を下りて行きました。太郎右衛門が伊作のいたところへ着いた時には、....

「遅」の前後に使われている文字

出現頻度順:絞り込み検索(15件以上ある場合)
後ろ1文字
遅れ...:8回
遅い...:2回
遅く...:2回
遅筆...:2回
遅か...:1回
前1文字
に遅:3回
、遅:3回
は遅:3回
間遅:1回
。遅:1回
日遅:1回
も遅:1回
し遅:1回
手遅:1回